Alice's Adventures in Wonderland(と樹里のパピーたち)

我が家の愛犬『樹里』が産んだアリスとそれぞれ巣立っていったパピーたちの日常を、チラッとだけ公開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祭り騒ぎの後、悲しみは雪のように・・・

日曜日のDDS。
すでに、樹里ブログで既報の通り、ヴェルとの再会があり、とても幸せだった。

まだ、ディスクを拾い上げることのできないアリスはボールで練習会に参戦。
素晴らしい集中力を見せて、ボールを追っかけてくれた。
ポイントもまずまずだったし、このまま成長してくれれば嬉しい。

<さあ、走るよ!>
GO!
(Photo by れおらんさん

<樹里よりは才能を感じさせてくれる>
必死!
(Photo by れおらんさん

おやつがなくても、ボールを取りに行き、手元にきちんと返してくれる。
それだけで幸せを感じる。
樹里の仔だから、あまり足は早くないし、でぶっちょだし、可愛いけど、真剣に競技犬として育てるにはちょっと不向きかもしれない。

でも、私が良ければそれでいいのだ!

そんなかわいい樹里とアリスだが、とうとうこの日がきてしまった。

アリスママが次男を連れて旅行中なのも樹里ブログでお伝えしたが、先週の金曜日から来週の月曜日までいない。
土曜・日曜とアリスママ抜きで生活していたが、平日はアリスを家に残していくのはかなり不安がある。

樹里は一人でお留守番していたが、アリスがお留守番できるとはちょっと思えない。
いたずらも世間知らずさも樹里とは桁違いなのだ。

まして、樹里の時はアリスママが昼休みを利用して様子を見ることができたが、私はそうはいかない。
場合によっては緊急の出張が入り、24時間以上お留守番になる可能性だってある。

そこで、平日の間、樹里とアリスをペットホテルに預けることにした。
DDS練習会から引き上げて、そのままペットホテルに。

写真はないが、住宅街にあり、学校のそばであまり広くはない。
全く個人で引き受けているような感じ。
積極的に宣伝していないのか、看板もなく、住所を頼りに到着したが、目の前に車を停めたのに全くわからなくて、結局電話して外まで出てきてもらったほどだ。

車から2頭を下ろして、なかには入ろうとしたが、普段、私の後についてくる樹里もアリスもなかなか入りたがらなかった。
中に入ると、ボーダーがいたり、猫ちゃんがいたり騒がしい。
アリスは初めての場所で緊張して動きが鈍い。
樹里は入口の前にお座りしてそこから動こうともしない。

おやつを見せても動かない樹里なんて初めて見た(笑)

それでも手続きを済ませ、食事の量・回数、散歩の時間・回数、排泄の状況等様々打ち合わせて、私だけペットホテルを後にする。
騒ぐといけないと思って、しばしの別れの挨拶もなく、後ろを振り向かずにドアから出た。

背中から、2頭の吠える声が聞こえて・・・・・


こない。


いや、おとなしくしてくれているのだからそれでいいのだけれど・・・

なぜ吠えない?

こちらは、わんわん吠える樹里とアリスを振り切って車に乗り込む自分を想像して一人で勝手にうるっときてるのに、一向に吠え声が聞こえてこない。

駐車場を歩いて行く時も、ちっとも吠えない。
我慢して振り向かないのに、吠えて来ない。

雪が降りしきる山小屋のようにシーンと静まり返った住宅街に車のドアがバタンと閉まる音だけが響く。

ちょっとくらい吠えてくれたっていいじゃないか。
置いていくなと騒いでくれたっていいじゃないか。

車に乗り込んで、エンジンを掛ける前に窓を開ける。
樹里の声もアリスの声も聞こえてこない。

初めてちらりと建物の窓をみた。
受け付けてくれたお姉さんが見送ってくれていた。

樹里は?
アリスは?

全く姿は見えなかった。
これじゃ、うるっときてた私は何なのだろう?

ひとりで勝手に妄想して、
ひとりで勝手にうるっときて、

まるで自意識過剰のバカぢゃん・・・
アリスも樹里も生まれてから一度も家族のもとを離れたことなんてなかったのに・・・

帰りの車の中、なんだか悲しかった。
こちらの勝手な都合で、ペットホテルに預けるという人間のエゴなんだけど、でもねぇ・・・

今週末、お迎えに行くことになるがその時はどういう反応を見せるのだろう?

千切れんばかりに尻尾を振って、飛びついてきてくれるのか、
知らない人は匂い嗅ぎをやって安全を確かめてから・・・みたいな感じになるのか?


週末が来るのが怖い(笑)


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

↑ポチっとする前にGlowingUp! 樹里もヨロシク。





スポンサーサイト

やだ、怖い・・・(グロ画像注意)

樹里がヒート期間中だった時のこと。

なるべく、よそのワンコと合わせないようにするのがマナーだと思い、人が通らないような場所や時間に散歩するのが習慣化していた時期のこと。
大して高くもない丘のような山に散歩に行っていた。

多分その時だと思うのだが、アリスにダニが付いてしまった。
毎日ブラッシングしているわけではないが、たまにきっちりブラッシングしたり、耳の後ろに毛玉ができてないか確認したりする。

その日も、指で耳の後ろや頭の後ろを撫ぜるようにして毛玉確認をしていたら、頭の後ろに毛玉のような出っ張りを感じた。
なんだろうということで、被毛をかき分けると、米粒2個分ほどの膨らみが・・・

キャー!!!

<この段階ではわりと気持ち悪くないです>
このブヨブヨの米粒はなんだろう?


ダニだ!

と、大騒ぎになりまして、医者に連れて行くだの、自分で取るだの大騒ぎした挙句、なぜか病院行きを主張したアリスママが取ることに・・・

無理に引っ張ると、頭が残って大変なことになるということで氷で冷やしたりしながら慎重に取り除く。取る段階でよく見ると、もう1匹が、すぐ脇に吸い付いている。

<よく見りゃ最初からいるのがわかるが・・・>
頭隠して尻隠さず

そいつもやっつける。
全部で3匹をやっつけた。

<アリスから剥がした奴>
ナマで見るときしょくわるいっす

これがまた、足をウニョウニョと動かしていて気色悪いのだが、吸血しすぎて動けないのがなんだかおかしいww
潰すのも気色悪かったので、ティッシュにくるんで、トイレからさようなら。

<こいつは3匹目、生まれたてのようだった>
最初は小さいのね

まだ吸血してなかったらしく、結構な速度で手のひらの上を移動していく。
こやつもティッシュでくるんでトイレからさようなら。

頭のサイズは変わらないので、ここまで腹がでかくなるのかというのが感想。

サイズ的には掌紋から判断していただきたいが、触った感触は初期の毛玉かなと疑う感じ。
ほんとに毛玉の下にいたら気づかなかっただろう。

翌日には病院に行って一応の診察とフロントライン購入。

気温15℃以上で活動開始とのこと。
皆様もお気をつけあれ。




にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

↑ポチっとする前にGlowingUp! 樹里もヨロシク。





FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。