Alice's Adventures in Wonderland(と樹里のパピーたち)

我が家の愛犬『樹里』が産んだアリスとそれぞれ巣立っていったパピーたちの日常を、チラッとだけ公開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産顛末記その⑤~第4子誕生から第6子誕生まで~


第3子が生まれ、第2子を病院に連れて行っている間、樹里は次の子を生まなかった。

まるで待っていてくれたかのように。

ほんとに樹里はいい子だなぁ(親ばか)



時間からみても、第3子から30分以上過ぎているのだから、生まれていても仕方がないと思いながら帰宅したら、嫁さんと長男がのんびり第1子第3子を眺めていた。



騒然とした混乱は急速に収束し、むしろのんびりとした休日の昼間といった趣。

私もなれてきて、ビデオやカメラを持つよりも、ただなんとなく眺めているほうが楽しくなってきた。



もちろん樹里はまだまだ息荒くがんばっているのだけれど。



なので、じつはこの辺からお見せすべき画像が無い(笑)



ただ、第4子は大きな子で、なおかつ、初めて羊膜が破けずに樹里のお腹から出てきた。

身体半分が出た時点で樹里が羊膜を食い破り、その姿を現した。



(18禁)おわかりになるだろうか?水風船の中に頭が・・・



画像は動画から切り出し



この仔は頭頂部に黒い斑点があったので、即座にスイッチくんというあだ名がついた。

もう手馴れたもんで、流れ作業のように、産湯→体重測定と進んでいく。



12:30誕生。352グラム。でかい。





そうこうしている間に、第5子が顔を出す。

まてまて、早いんじゃないか?



生まれたて第5子



画像は動画から切り出し



この仔は身体が小さく、第2子のことがあったので、すごく心配した。

だけど、泣き声もしっかりしているし、声も出ているので、家族一同ひと安心。



12:45 第5子誕生。285グラム





それから30分。

末っ子となる第6子が誕生。



生まれたて第6子。



画像は動画から切り出し



もうその頃には、長男、次男は部屋に戻っていたり、嫁さんも片づけを始めたりしてものすごくのんびりムード。

みんな慣れるの早過ぎ(笑)



その辺りで、れおらんさんが駆けつけてきてくれた。

第6子の出産に立ち会えたかどうかの記憶も定かではない(笑)



13:40 第6子誕生。310グラム





だ、はたと気がついた。

第1子誕生のときに胎盤を取り除いて以来、一切胎盤を見ていない。

嫁さんに聞いても、見ていないという。

樹里が食べてしまったのだろうか?



食べてしまうと下痢するよって言われていたので、下痢したらどうしようとか不安がよぎった。

また、出てこないと身体に悪いという話も聞いていたので、これまた、樹里が死んでしまったらどうしようと不安になる。



とにかく様子を見ようということになり、出てこなければ、明日は病院ということで話がまとまった。







にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村



↑ポチっとするより、樹里の仔を引きとってもいいよという方、絶賛募集中!











ところで、幻の第7子が出てきていない(笑)

頭のない仔が生まれてしまっても困るが、お腹の中にい続けられても困る。



そこで、れおらんさんや嫁さんと1時間以上次の仔が出てこなかったらもう出産終了ということでいいよねと、樹里のそばで待機。



生まれてきた仔を眺めたり、写真を撮ったりしてほんわかムードで待ちましたが、出てこず、ひとまず安心のうちに樹里の出産は終了となりました。



生まれてきた仔におっぱいを上げる樹里





無事出産終了のごほうびにフルーツポンチ?みたいなおやつをもらう樹里







にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村



↑ポチっとするより、樹里の仔を引きとってもいいよという方、絶賛募集中!






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://juriglowingup.blog.fc2.com/tb.php/40-34132d99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。