Alice's Adventures in Wonderland(と樹里のパピーたち)

我が家の愛犬『樹里』が産んだアリスとそれぞれ巣立っていったパピーたちの日常を、チラッとだけ公開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母性本能の目覚め

タイトルは本文とあまり関係ないのだが、実は私はDIYがあまり好きではなかった。
なかった?
いや、今でもあまり好きではないだろう。

やらないのと好きではないは違うから、我が家の日曜大工仕事はやっぱり私がすることになる。

嫁さんはDIYが好きだ。

某静岡では有名なホームセンターの木工体験工作に参加して、いすや踏み台を作ったり、独学でステンシルに挑戦したり、網戸を張り替えたりしてる。
ついでに言うと、子供のために袋物を作ったり、名前シールを作成したり、結構がんばっている。

嫁さんの一連の行為は、すべて子供のため、というのが動機として考えられるのだが、私がやるDIYの場合は生活のためというのが一番だ。

だが、ここに来てパピーのためという大義名分ができた今、めんどくさいとか今じゃなくてもいいよとかの言い訳をせずにさっさか工作してる。

振り返って思い出してみれば、庭の縁台が古くなって、散々嫁さんに作り直せといわれていたにもかかわらず、買ってくりゃいいじゃんと言っていた私が、樹里のペットドアを嫁さんが窓に取り付けたのをきっかけに、さっさとを修理したり、樹里がケージから脱走するからと言われれば、嬉々としてケージの改造をしたりといろいろ手をかけている。

これを趣味のDIYといわずして何という(笑)

よくよく考えてみれば、嫁さんが子供のために一生懸命シール作りや袋物作りに精を出してるのを横目で眺めながら、器用だよねとか、かんばるねぇと思っていた自分はなんだったのだろう?

もしかして、これが世に言う「母性本能の目覚め」?

いやいや、夏休みが終われば、またもとの日常に戻っていくのだろう。

心境的には、「DIYは、好きでもないが嫌いでもない」に変化している事は感じているが・・・



これまた、本文とは関係ないが、ここに1枚の写真がある。

子犬を眺めているうちにそのまま寝てしまった次男とそこに放置されてしまったオレンジくん。
おのれは幼稚園児か(笑)


幼稚園児とか小学校低学年ならともかく、中学生ともなればもうちょっとしっかりしてほしいものだ(笑)

だが、なんとなく親としてはかわいい(笑)←今日は別の意味で親ばか炸裂?


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://juriglowingup.blog.fc2.com/tb.php/53-d18f99f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。